花入 はないれ

日本画 / 昭和以降 / 日本 

竹内栖鳳 (1864-1942)
たけうちせいほう
日本
昭和5年/1930
9.0×41.6cm
1口
広島県廿日市市大野亀ヶ岡701
海の見える杜美術館

地面にはらりと落ちた松葉が描かれる。箱書きから姉 琴(こと)の二十五回忌に作られたものと分かる。栖鳳の十歳年上の姉 琴は、栖鳳の代わりに家業の料亭を継ぎ、彼に画の道へ進むことを許した恩人である。「姉は私にとって母の変身でもあれば、異性のやさしさの総てを見せて呉れたやうな人」と栖鳳は語った。ある朝、栖鳳が学校へ勤めに出る前に何も言わず笑顔を交わしたのが、意識のある姉との最後の別れになったという。音もたてず落ちる松の葉を姉の死に重ね合わせたのであろうか。

作品所在地の地図

関連リンク

花入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

打掛
打掛

竹内栖鳳

桐棗 新涼
桐棗 新涼

竹内栖鳳

鉄釜
鉄釜

竹内栖鳳

酒猪口 鶴
酒猪口 鶴

竹内栖鳳

酒猪口 虎
酒猪口 虎

竹内栖鳳

ページトップへ