旧朴舘家住宅(岩手県二戸郡一戸町) 主屋 きゅうほおのきだてけじゅうたく しゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 東北 

岩手県
江戸末期/1862
桁行29.9m、梁間16.4m、寄棟造、茅葺
1棟
岩手県二戸郡一戸町小鳥谷字朴舘20番地1
重文指定年月日:20111129
国宝指定年月日:
一戸町
重要文化財

 旧朴舘家住宅は、岩手県の北部、旧奥州街道(かいどう)沿いの山間部に所在する。
 江戸時代末期に建てられた寄棟造茅葺の主屋は、桁行30m、梁間16.4mと大規模で、北側の約半分を土間にして、その一部にマヤを設ける。主屋の南側半分には床を張り、土間に面してダイドコを設け、奥に三部屋からなる座敷を設ける。台所の前面に式台を構え、座敷には長押をめぐらせるなど格式を備えたつくりとする。
 旧朴舘家住宅は、重厚な軸部構成と広大な内部空間をもつ大型民家で、接客空間が充実するなど南部藩領における上層民家の特徴をよく示しており、高い価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

旧朴舘家住宅(岩手県二戸郡一戸町) 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧朴舘家住宅(岩手県二戸郡一戸町) 土蔵
千葉家住宅(岩手県遠野市綾織町) 大工小屋
千葉家住宅(岩手県遠野市綾織町) 主屋
中村家住宅(滋賀県長浜市八木浜町) 馬屋
武知家住宅(徳島県名西郡石井町) 作男部屋
ページトップへ