正木記念邸腰掛待合 まさききねんていこしかけまちあい

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 

大阪府
昭和中/1952
木造平屋建、銅板葺、建築面積5.0㎡
1棟
大阪府泉北郡忠岡町忠岡中2-774-2他
登録年月日:20140425
公益財団法人 正木美術館
登録有形文化財(建造物)

主屋南東側の塀沿いに建つ。桁行四・一メートル梁間一・四メートル、木造平屋建、招造屋根の銅板葺で、北半を腰掛とし、南半の砂雪隠を落棟とする。壁は土壁で腰掛北面に矩形の窓を穿つ。軸部材や軒廻りは主として丸太を使い、落ち着いた露地空間を構成する。

作品所在地の地図

関連リンク

正木記念邸腰掛待合チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下津家住宅外待合
伊藤家住宅腰掛待合
和泉市久保惣記念美術館茶室内腰掛待合
正木記念邸中門
久田家半床庵腰掛
ページトップへ