文化遺産オンライン

大般若波羅密多経第六十巻

だいはんにゃはらみつたきょうだいろくじゅっかん

作品概要

大般若波羅密多経第六十巻

だいはんにゃはらみつたきょうだいろくじゅっかん

/ 平安 / 愛媛県

宗心

そうしん

平安時代/安元2(1176)年

紙本墨書

縦33.4cm

1巻

愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2

愛媛県歴史文化博物館

全600巻中の1巻。安元2(1176)年、僧宗心が願主となり、藤原氏出身の僧蓮永の妻が檀那となっている。本経典のかたわれは奈良県や和歌山県等で所在が確認されている。

大般若波羅密多経第六十巻をもっと見る

宗心をもっと見る

愛媛県歴史文化博物館をもっと見る

キーワード

般若 / / 経典 / 波羅蜜

関連作品

チェックした関連作品の検索