大般若波羅密多経第六十巻 だいはんにゃはらみつたきょうだいろくじゅっかん

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 / 愛媛県 

宗心
そうしん
平安時代/安元2(1176)年
紙本墨書
縦33.4cm
1巻
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

全600巻中の1巻。安元2(1176)年、僧宗心が願主となり、藤原氏出身の僧蓮永の妻が檀那となっている。本経典のかたわれは奈良県や和歌山県等で所在が確認されている。

作品所在地の地図

関連リンク

大般若波羅密多経第六十巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

版経断簡「春日版 / 大般若波羅密多経(巻第百六十四)」
写経断簡「大般若波羅密多経(巻第百三十九)」
写経断簡「大般若波羅密多経(巻第三百八十)」
写経断簡「大般若波羅密多経(巻第三百三十五) / 伝 小野道風」
写経断簡「大般若波羅密多経(巻第四百五十七)」
ページトップへ