文化遺産オンライン

胸布/肩掛

むねぬの/かたかけ

作品概要

胸布/肩掛

むねぬの/かたかけ

染織

インドネシア、ジャワ北岸

20世紀

絹 平織 房付き一枚布 蝋防染(バティック)

縦 49cm x 横 236cm

1枚

神奈川県相模原市南区麻溝台1900

染織・装身具 アジア

女子美術大学

胸布又は肩掛(スレンダン)。中国産の絹地に特徴的な花鳥模様をバティックで表す。バティックはインドネシアのジャワ島を中心に制作される蝋防染による模様染又はその製品を指し、日本では「ジャワ更紗」とも呼ばれる。インドの影響を受けながらも独自の展開をみせた地域的特色が豊かなバティックは、2009年にユネスコの世界無形文化遺産に認定された。旧カネボウコレクション 1211.21

胸布/肩掛をもっと見る

女子美アートミュージアムをもっと見る

キーワード

バティック / / / ジャワ

関連作品

チェックした関連作品の検索