オーヴェールの曲がり道 おーう゛ぇーるのまがりみち

油彩画 

セザンヌ、ポール (1839-1906)
せざんぬ、ぽーる
フランス
1873年頃
油彩、カンヴァス
59.7×49.0cm
1

セザンヌは1873年に《首吊りの家》など翌年の第1回印象派展出品作を描いた。本作は、同展出品作ではないが、セザンヌが最初にオーヴェールに滞在した時期に制作されたものである。曲がった道、慎ましやかな住居など、他の作品との共通性も多く、後のセザンヌの特徴ともなる「斜めの」「構成的な」筆触の萌芽も見られる。ちなみに本作は、著名なアメリカ人蒐集家のハヴメイヤー夫妻が、1901年、パリのヴォラール画廊で見つけ購入したものという。いわば渡米したセザンヌ作品の第一号という経歴を持つ作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

オーヴェールの曲がり道チェックした作品をもとに関連する作品を探す

散歩
散歩

マネ、エドゥワール

ヴィーナスの勝利
ヴィーナスの勝利

ブーシェ、フランソワ

牧草地の牛、ルーヴシエンヌ
牧草地の牛、ルーヴシエンヌ

シスレー、アルフレッド

黄昏の古路
黄昏の古路

ル・シダネル、アンリ

トゥーロン湾の眺め
トゥーロン湾の眺め

マルケ、アルベール

ページトップへ