女優の家族 じょゆうのかぞく

油彩画 

ライボルト、カール・ヤコプ・テオドール (1786-1844)
らいぼると、かーる・やこぷ・ておどーる
ドイツ
1816年
油彩、カンヴァス
200.0×165.0cm
1

この作品はライボルトがイタリア留学を終えてウィーンに戻ってまもなくの頃の作品。静謐で安定した画面、輪郭線の重視、盛期ルネサンス風の色面構成などはライボルトの古典主義的手法の成熟を示すものである。しかし、モデルの健康的な女性の肉体美に見られる写実的傾向、温かみのある顔の表情や幼い娘の愛らしい仕草などは、冷たい古典主義理論とは無縁であり、ここに時代の空気とも言うべきロマン主義の影響、さらにはライボルトが肖像画家として大成功をおさめることになった要因を見てとることができよう。

作品所在地の地図

関連リンク

女優の家族チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤い服の女
赤い服の女

ルノワール、ピエール=オーギュスト

散歩
散歩

マネ、エドゥワール

漁師の娘
漁師の娘

ブーグロー、ウィリアム・アドルフ

少女と犬
少女と犬

レノルズ、ジョシュア

煙草を吸う男
煙草を吸う男

ラ・トゥール、ジョルジュ・ド

ページトップへ