旧角海家住宅 主屋 きゅうかどみけじゅうたく おもや

住居建築 / 明治 / 中部 

石川県
明治/1868-1882
木造、建築面積330.84㎡、一部二階建、一部地下一階、桟瓦葺
1棟
石川県輪島市門前町黒島町ロ94番地
重文指定年月日:20160725
国宝指定年月日:
重要文化財

旧角海家住宅は,北前船の船主や船員の集落として栄えた輪島市黒島地区伝統的建造物群保存地区の北寄りに所在する。角海家は近世末期から北前船主として隆盛し,明治後期からは漁業,金融業などを生業とした。
 主屋は明治前期の建築と考えられ,中庭を囲むように居室を配置するミツボガコイと呼ばれる平面形式などに当地区の船主住宅の典型を良く示しており,また当地区最古級の遺構でもある。明治期の土蔵群を擁する屋敷構えも良好に保存されており,保存地区の核となる住宅として重要であり,土地と併せて保存を図る。

作品所在地の地図

関連リンク

旧角海家住宅 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

輪島市黒島地区
忠谷家住宅 主屋
忠谷家住宅 背戸蔵
忠谷家住宅 新蔵
中村家住宅 主屋
ページトップへ