越生神社神輿 おごせじんじゃみこし

その他の画像全2枚中2枚表示

有形民俗文化財 / 江戸  明治 / 関東 

江戸時代末期~明治初期
延屋根 漆塗神輿 屋根紋には三巴紋を有する 台輪紋に八坂神社の祇園守紋をもつ
本宮:高さ4尺・台輪3尺、中宮:高さ3尺5寸・台輪3尺、若宮:高さ3尺8寸・台輪2尺5寸
3基
越生町指定
指定年月日:20110928
有形民俗文化財

3基の神輿は越生神社が成立する前年の明治41年に撮影された祭礼の写真に写っている。また、3基の内、中宮と呼ばれる1基は黒岩村八坂神社の神輿と伝えられ、明治23年7月の「神輿再式寄附帳」という文書が残されている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

越生神社神輿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西和田天王社 神輿
岩村田若宮神社祇園社神輿(附 平成修理解体部材一式)
神輿(朝日神社)
黒漆金銅装神輿<BR/>  慶長九年九月の墨書銘がある<BR/> 附 黒漆金銅装神輿 1基<BR/>    再興銘板     1面<BR/>
剣吉諏訪神社御輿
ページトップへ