伏見稲荷大社 奥宮 ふしみいなりたしゃ おくみや

宗教建築 / 安土・桃山 / 近畿 

京都府
桃山
三間社流造、檜皮葺
1棟
京都府京都市伏見区深草薮ノ内町
重文指定年月日:20140127
国宝指定年月日:
重要文化財

伏見稲荷大社は、稲荷信仰の総本社で稲荷山の西麓に境内を構える。本殿は明応3年(1494)の再建で、重要文化財に指定されている。権殿は寛永12年(1635)の建立で、本殿を一回り小さくした五間社流造の仮殿である。楼門は天正17年(1589)の再建で、和様の意匠である。そのほか、稲荷祭の時に神輿を並べた外拝殿、3室の内陣をもつ奥宮、稲荷神の眷属である狐を祀る白狐社などが良好に維持されおり、近世の稲荷信仰の隆盛を伝える社殿群として価値が高い。既指定の本殿とともに保存を図る。

作品所在地の地図

関連リンク

伏見稲荷大社 奥宮チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伏見稲荷大社 権殿
伏見稲荷大社 楼門
伏見稲荷大社 白狐社
伏見稲荷大社 外拝殿
伏見稲荷大社 南北廻廊(北廻廊)
ページトップへ