旅館綿屋洋館 りょかんわたやようかん

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 九州 

佐賀県
明治/1898~1912
木造平屋建、瓦葺、建築面積20㎡
1棟
佐賀県唐津市大名小路153
登録年月日:20140425
株式会社綿屋
登録有形文化財(建造物)

本館の南西隅に接続する。御影石の布基礎の上に建ち、本館の玄関に向く北面に二重扉の出入口を開く。天井をモールディングで折上げ、木製の中心飾を付ける。当初は本館から独立して建てられた洋風意匠の応接間で、明治期の、洋館を並立した別邸建築の好例である。

作品所在地の地図

関連リンク

旅館綿屋洋館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旅館綿屋本館
旧料理旅館九重別館
光栄菊酒造モトクラ
直方谷尾美術館和館(旧奥野家住宅主屋)
耕三寺潮聲閣
ページトップへ