文化遺産オンライン

婦人像

ふじんぞう

作品概要

婦人像

ふじんぞう

油彩画 / 昭和以降

三岸好太郎  (1903-1934)

みぎし こうたろう

昭和7年頃/c.1932

油彩・キャンバス  額装

縦33.5×横24.9cm

婦人像
Portrait of a woman
1932年頃
北海道立三岸好太郎美術館蔵[O-43]

「好太郎は女の顔にホトホト惑溺する。尋常の愛情ではこんな美しい顔は描けるものではない。女の魅惑への陶酔あって、はじめてこの繊細な美は生命を与えられるのだ。」と節子夫人は記している。三岸好太郎の描く女性像の多くは、彼独特の感性と美意識を通してその美が抽出されたもので、必ずしも実際の容貌を正確に写しているわけではない。1931年から32年頃にかけての一連の小品では、慈愛に満ちた母性や、魔性を秘めた妖艶さなど三岸をとらえた女性の魅力が、流麗な筆遣いとあでやかな色彩で見事に描き出されている。

婦人像をもっと見る

三岸好太郎をもっと見る

北海道立三岸好太郎美術館をもっと見る

キーワード

三岸 / 好太郎 / / 女性

関連作品

チェックした関連作品の検索