日野家住宅表門及び伴部屋 ひのけじゅうたくおもてもんおよびともべや

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

広島県
江戸/1864頃/1868~1882移築
表門 木造、瓦葺、間口3.6m、西方潜り戸付 伴部屋 木造平屋建、瓦葺、建築面積13㎡
1棟
広島県安芸高田市甲田町深瀬字久住甲172・乙172合併
登録年月日:20151117
登録有形文化財(建造物)

敷地の南正面に建つ。腕木門形式の表門の西方に、潜り戸を介して、平屋建の伴部屋が番所のように接続する。表門は木太く端正な佇まいで、広島新田藩吉田陣屋の門を移したとされる。伴部屋は正面に出格子窓を付ける。屋敷の表構えに風格のある趣を与える。

作品所在地の地図

関連リンク

日野家住宅表門及び伴部屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日野家住宅御成門
日野家住宅米倉
日野家住宅納屋
日野家住宅主屋
日野家住宅洋館
ページトップへ