要家住宅表書院 かなめけじゅうたくおもてしょいん

住居建築 / 江戸 / 近畿 

大阪府
江戸/1661~1751/2004改修
木造平屋建、銅板葺一部瓦葺、建築面積89㎡
1棟
大阪府貝塚市畠中二丁目310他
登録年月日:20170628
登録有形文化財(建造物)

主屋の西に接続する、御成のための書院。式台は二間半と間口が広く、北に玄関の間、次の間を並べ、八畳の座敷を西へ矩折れに配す。座敷は床、床脇、付書院を備え、格式ある構えながら、岸和田藩主が倹約を旨としたことに従い、長押を用いず簡素な意匠とする。

作品所在地の地図

関連リンク

要家住宅表書院チェックした作品をもとに関連する作品を探す

要家住宅中門
兒山家住宅座敷
眞田家住宅奥座敷
要家住宅表長屋門
横山家住宅書院及び渡廊下
ページトップへ