文化遺産オンライン

眞田家住宅奥座敷

さなだけじゅうたくおくざしき

作品概要

眞田家住宅奥座敷

さなだけじゅうたくおくざしき

住居建築 / 中国・四国

広島県

昭和前/1928

木造平屋建、瓦葺一部銅板葺、建築面積171㎡

1棟

広島県三原市東町一丁目416-1

登録年月日:20210204

登録有形文化財(建造物)

主屋の南東に建つ平屋建の東西二棟からなる。東棟は東西に二室、西棟は南北に二室を並べ、いずれも北南面に縁を通して連絡する。東棟の大広間は東に床、東北に床脇を矩折れに配し、南に付書院を備える。造作に銘木を多用し、意匠を凝らした近代和風の座敷。

関連作品

チェックした関連作品の検索