村松家住宅門及び塀 むらまつけじゅうたくもんおよびへい

住居建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

島根県
昭和前/1926~1945
門 木造、瓦葺、間口1.5m、左右袖塀付 塀 コンクリート造、総延長29m
1棟
島根県松江市新雑賀町1519
登録年月日:20170628
登録有形文化財(建造物)

門は玄関正面に建つ間口一・五メートルの腕木門で、両脇に潜戸を付ける。塀はモルタル洗い出しの笠木・柱・土台で枠をつくり、ドイツ壁風に仕上げる。伝統的な門構えと西洋風の近代意匠を併せ持ち、松江城下の戦前の景観を今に伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

村松家住宅門及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和田家住宅門及び塀
木綿家住宅門及び塀
若林家住宅門及び塀
松村家住宅門及び塀
旅館金波楼正門及び塀
ページトップへ