長谷寺本坊 中雀門 はせでらほんぼう ちゅうじゃくもん

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

奈良県
江戸後期/1766
一間薬医門、切妻造、本瓦葺、左右袖塀附属
1棟
奈良県桜井市大字初瀬一一〇九番
重文指定年月日:20141210
国宝指定年月日:
長谷寺
重要文化財

長谷寺本坊は,国宝本堂と谷を挟んで相対する南の高台に位置する。本坊の創建は天正16年(1588)とみられ、近世を通じて伽藍が整えられていたが,明治44年に焼失した。
現在の建築群は,大正8年から13年に再建されたものである。文化財の保存修理に携わっていた奈良県技師である天沼俊一,阪谷良之進,岸熊吉が派遣され,設計と工事監督を担当した。
長谷寺本坊の建築群は,焼失前の構成や形式を部分的に継承しながらも,配置や平面の計画、空間構成の要所に近代らしい合理性が導入されている。文化財保存を通じて熟知した様式をもとに近代の感性で創出された意匠や造形は優秀であり,高度に完成された近代和風建築として高い価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

長谷寺本坊 中雀門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

長谷寺本坊 土蔵
長谷寺本坊 唐門及び回廊
長谷寺本坊 護摩堂
長谷寺本坊 小書院
長谷寺本坊 大講堂
ページトップへ