長良川の鵜飼漁の技術 ながらがわのうかいりょうのぎじゅつ

その他の画像全4枚中4枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

指定年月日:20150302
保護団体名:岐阜長良川鵜飼保存会、小瀬鵜飼保存会
備考:
重要無形民俗文化財

本件は、長良川中流部に位置する岐阜市長良と関市小瀬に伝承されている、飼い慣らした鵜を巧みに操って鮎などの川魚を捕える鵜飼漁の技術である。鵜匠、艫乗り、中乗りの3人が鵜船という木造船に乗って川を下りながら漁を行うもので、鵜匠は鵜につけた手縄をさばいて鵜を巧みに操って魚を捕える。(解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

長良川の鵜飼漁の技術チェックした作品をもとに関連する作品を探す

長良川鵜飼用具
霞ケ浦の帆引網漁の技術
輪島の海女漁の技術
鳥羽・志摩の海女漁の技術
長良川鵜飼観覧船操船技術
ページトップへ