静岡県明ヶ島古墳群出土土製品 しずおかけんみょうがじまこふんぐんしゅつどどせいひん

土器・土製品類 / 古墳 / 中部 

静岡県
古墳
1064点
静岡県磐田市見付3678-1
重文指定年月日:20130619
国宝指定年月日:
登録年月日:
磐田市
国宝・重要文化財(美術品)

本件は、古墳時代中期~後期の静岡県明ヶ島(みようがじま)古墳群から出土した土製品千六十四点と附の一括である。
 これらの土製品は、平成六~十三年度(一九九四~二〇〇一年度)の発掘調査で、主に五号墳(一辺約十八メートルの方墳)下で検出された削り出し遺構から、ほぼ原位置を保った状態で出土した。
 土製品には人形・四足動物形・武具形・武器形・鏡形・装身具形・農耕具形・紡織具形・楽器形など多くの形式が認められ、豊富な種類をもつことが大きな特徴である。このうち、人形の出土数がもっとも多く、主要な役割を担っていたと推察できる。さらに、人形では武人・男性・女性、琴形では棒琴・板琴・槽琴といったように、端的に特徴を示して作り分けている。
 器物形は、構造的な特徴をよく捉えた個体が多く、把手表現をもつ盾形、三角板の地板表現をもつ甲形、柄頭(つかがしら)に茎尻(なかごじり)の端部を表現した大刀形や、靫形と矢形、綛車(かせかけ)形と舞羽(まいは)形のように、組み合わせ式の構造をもつ個体もある。
 これらは、古墳時代中期前半の所産と判断できるが、五号墳と二号墳(後期後半)の周溝からも土製品が出土していて、祭祀の継続性も窺える。古墳時代の祭祀における土製品の種類と組合せをよく示し、当時の祭祀の実態を把握するうえで極めて重要な資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

静岡県明ヶ島古墳群出土土製品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

兵庫県茶すり山古墳出土品
中津坂上遺跡出土土製模造品 人形
御厨古墳群
西宮山古墳 須恵器 鳥形土製品
西畑屋遺跡出土神まつりの土製品 宝飾品
ページトップへ