文化遺産オンライン

御座敷幟

おざしきのぼり

作品概要

御座敷幟

おざしきのぼり

民俗 / 昭和以降

佳秀

かしゅう

昭和40年代

木,布,金属など

【長幟 加藤清正】高さ101.0cm×最大幅30.0cm
         幟部分:縦68.0cm×横23.5cm(乳部分を含む)
         小旗:縦19.0cm×横5.3cm
【十文字槍・錦旗】高さ83.5cm×幅(槍部分8.0cm,旗竿部分17.8cm,旗部分14.0cm)
【吹流し】高さ100.5cm
【千成瓢箪】高さ82.0cm×最大幅15.5cm
【鍾馗幟】高さ100.5cm×最大幅35.0cm
     幟部分:縦37.0cm×30.5cm(乳部分を含む)
【鯉幟】高さ100.5cm×幅(矢車部分)18.0cm×奥行(矢車部分)9.5cm
    黒鯉:長さ22.0cm,緋鯉:長さ14.0cm
【長幟 豊臣秀吉】高さ100.7cm×最大幅30.0cm
         幟部分:縦68.0cm×横23.5cm(乳部分を含む)
         小旗:縦19.0cm×5.3cm
【平枠】高さ35.7cm×幅74.0cm×奥行5.5cm

8

富山県高岡市古城1-5

高岡市

 5月5日の節句に座敷に飾る御座敷幟である。

御座敷幟をもっと見る

佳秀をもっと見る

高岡市立博物館をもっと見る

キーワード

奥行 / 高い / × / 高岡

関連作品

チェックした関連作品の検索