Dakyuuzu

打毬図

Details

Dakyuuzu

打毬図

江戸 / 和歌山県

中尾松榮

なかおしょうえい

万延元年/1860

1巻

和歌山市湊本町3‐2

和歌山市立博物館

打毬をする紀州藩士の様子を描いている。打毬とは、現在も宮内庁において保存・継承されている古式馬術で、紀元前5~6世紀に古代ペルシャで発祥し、中国を経て平安時代に我が国に伝えられた。和歌山出身の徳川吉宗が武芸として復興し、各藩に奨励したという。

Search by Dakyuuzu

Search by 中尾松榮

Search by 和歌山市立博物館

Keywords

和歌山 / / Heian / Wakayama

Related Works

Search items related to work chosen