渡邊家住宅主屋 わたなべけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 昭和以降 / 関東 

東京都
昭和中/1959/1970頃・1980頃・2014改修
木造平屋建、金属板葺、建築面積193㎡
1棟
東京都杉並区荻窪四丁目252-1
登録年月日:20161129
登録有形文化財(建造物)

「荻窪の家」として知られる吉村順三設計の住宅。くの字型平面の木造平屋建で、西に玄関、居間、台所を配し、東は中廊下を通して南面に居室、北側に水周り等を配する。緩やかな片流屋根の背面に一段下げて下屋をかけ、高窓を設ける。戦後モダニズム住宅の秀作。

作品所在地の地図

関連リンク

渡邊家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

森博士の家
鈴木家住宅主屋
佐々木家住宅主屋
旧大田黒家住宅蔵
河津家住宅主屋
ページトップへ