讃岐六条の水車及び関連用具 さぬきろくじょうのすいしゃおよびかんれんようぐ

その他の画像全2枚中2枚表示

有形民俗文化財 / 中国・四国 

香川県
1件、348点
香川県高松市
登録年月日:20160302
管理団体名:
備考:内訳 水車1件 関連用具348点
高原水車友の会管理
登録有形民俗文化財

本件は,香川県の讃岐平野で製粉や精米等を行ってきた水車とその関連用具を整理したものである。この水車は,高松市南東部の六条町に立地し,もとは高松藩の御用水車であったと伝えられるもので,明治期以降は周辺の村の製粉や精米等を引き受けてきた。
水車は,隣接する用水から取り入れた水を石積みの水路で水車小屋まで導水し,小屋内部で水輪を駆動した後,石積みの水路を経て下流の河川に排水する一連の施設である。地面を掘り下げて設置した胸掛け型式の水輪を回転させることで,石臼による製粉を行うだけでなく,回転式の篩による粉類の選別,木製昇降機による粉類の運搬なども連動して行う。
関連用具には,製麺機などの機械類,水車の予備部品,水車を整備・清掃する用具,経営に関する帳簿類などがあり,中でも渇水時に水車の代わりに用いた製粉機や精米機などの機械類や,うどんを打つ用具はこの地域の水車経営の特色をよく示している。

作品所在地の地図

関連リンク

讃岐六条の水車及び関連用具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下野の水車習俗
豊後の水車習俗
安芸・備後の水車習俗
天山酒造旧精米所立型水車及び水路
牟礼・庵治の石工用具
ページトップへ