旧中島家住宅 主屋 きゅうなかじまけじゅうたく おもや

住居建築 / 昭和以降 / 関東 

群馬県
昭和/1930
車寄部 木造、建築面積253.70㎡
客室部 木造、建築面積243.55㎡
居間部 木造、建築面積213.49㎡、二階建
食堂部 木造、建築面積185.11㎡
総桟瓦葺
1棟
群馬県太田市押切町1417番地
重文指定年月日:20160725
国宝指定年月日:
太田市
重要文化財

旧中島家住宅は,戦前の航空機産業を牽引した中島飛行機製作所社主の中島知久平が建てた大規模住宅で,設計は宮内省内匠寮出身の中里清五郎と伊藤藤一により,主屋が昭和5年に完成し,翌年には敷地内の建物が概ね整った。
主屋は,和洋の意匠を巧みに折衷した車寄部,雄大で気品ある内部空間の客室部,利根川河川敷に設けた飛行場を眺望した二階建の居間部など,用途の異なる建物を口字形に配して中庭を囲むという,当時の大規模邸宅の特徴を良く示している。我が国の昭和初期を代表する邸宅として,規模,意匠とも充実しており,価値が高い。敷地内には当時の素封家の生活様態を示す附属施設もよく保存されており,土地とともに保存を図る。

作品所在地の地図

関連リンク

旧中島家住宅 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧鍋島家住宅 主屋
中村家住宅 主屋
旧西尾家住宅 主屋
中村家住宅 西蔵
中村家住宅 米蔵
ページトップへ