陸亀蒙「奉和襲美太湖詩二十首 太湖石」 りくきもう

 / 江戸 / 日本 

巻菱湖 (1777〜1843)
まきりょうこ
江戸時代後期

巻菱湖の隷書の書。中国、唐時代の詩人の陸亀蒙の奉和襲美太湖詩二十首/太湖石を書いたもの。

巻菱湖没後18年後の文久元年(1861年)に菱湖の息子の巻鷗洲が鑑定をしている。

関連リンク

陸亀蒙「奉和襲美太湖詩二十首 太湖石」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

陸亀蒙「自遺詩三十首」
巻菱湖書 墓表 拓本「木百年妻墓表」
巻菱湖書 墓表 拓本「木百年妻墓表」

巻菱湖・柏木如亭・大窪詩仏

巻菱湖法帖「楷書・千里帖(折帖)」
巻菱湖 43歳 隷書
巻菱湖法帖「楷書・松嶋詩(冊子)」
ページトップへ