文化遺産オンライン

徳万頼成遺跡の土偶

とくまんらんじょういせきのどぐう

作品概要

徳万頼成遺跡の土偶

とくまんらんじょういせきのどぐう

土器・土製品類 / 縄文 / 中部

富山県

縄文時代

逆三角形の顔面に貼り付け眉や目・鼻孔・口・耳を表現している。頭頂部にはm字状の隆帯を作り出し、ヘラ状工具による頭髪の表現を施している。後頭部に沈線による頭髪の表現がある…

高さ9cm、幅5cm、重さ187.1g

1点

富山県砺波市頼成566番地

砺波市指定
指定年月日:20180629

有形文化財(美術工芸品)

徳万頼成遺跡の土偶をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

沈線 / 縄文 / 土偶 / 顔面

関連作品

チェックした関連作品の検索