文化遺産オンライン

大日野原遺跡出土の土偶付深鉢形土器及び人体文深鉢形土器

おびのっぱらいせきしゅつどのどぐうつきふかばちがたどきおよびじんたいもんふかばちがたどき

作品概要

大日野原遺跡出土の土偶付深鉢形土器及び人体文深鉢形土器

おびのっぱらいせきしゅつどのどぐうつきふかばちがたどきおよびじんたいもんふかばちがたどき

土器・土製品類 / 縄文 / 関東

神奈川県

縄文時代

 土偶付深鉢形土器は、1体の土偶が取り付けられた屈折底をもつキャリパー形深鉢である。祭祀具である土偶があたかも座り込むように実用の調理具の土器口縁部へ内向きに装着された…

土偶付)器高42.2㎝、口径29.2㎝、土偶高10.2㎝
人体文)器高25.5㎝、口径16.5㎝、底径9.4㎝

2点

神奈川県相模原市中央区高根3-1-15

相模原市指定
指定年月日:20190930

有形文化財(美術工芸品)

・両資料とも耕作中の出土で、欠損部が大きい(石膏補填あり)。
・土偶付深鉢形土器は縄文中期中葉の勝坂3式期(井戸尻式2段階)に、人体文深鉢形土器は同じく勝坂2式期(藤内式3段階)にそれぞれ比定される。

関連作品

チェックした関連作品の検索