田名塩田遺跡群出土の真脇式土器 たなしおだいせきぐんしゅつどのまわきしきどき

土器・土製品類 / 縄文 / 関東 

神奈川県
縄文時代
筒状の波状口縁をもつキャリパー形を呈し、口縁部から延びる大きな4単位の波状部と同じく口縁部から突出する2対の小突起をもつ。地文には縄文が施され、その上に結節浮線文によっ…
現存高36.4㎝、現存口径38.2~41.2㎝、波状突起高11.0㎝
1点
神奈川県相模原市中央区高根3-1-15
相模原市指定
指定年月日:20180930
相模原市
有形文化財(美術工芸品)

・径約80㎝、深さ34㎝を計測する土坑から、胴部下位を欠損する状態で検出され、器面の二次焼成痕により煮沸具の用途が認められる。
・形態や施文方法、文様モチーフの特徴から石川県能登町所在の史跡真脇遺跡を標式とする「真脇式土器」の第6群土器に比定される。

作品所在地の地図

関連リンク

田名塩田遺跡群出土の真脇式土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中野大沢出土の弥生土器
田名塩田遺跡群出土のクルミ形土器
深鉢形土器/岩手県盛岡市繋字館市出土
勝坂遺跡D区出土のマメ圧痕土器
椴法華出土の尖底土器
ページトップへ