三越呉服店 春の新柄陳列会 みつこしごふくてん はるのしんがらちんれつかい

リトグラフ(石版画) / 大正 / 愛媛県 

杉浦非水 (明治9年(1876)-昭和40年(1965))
すぎうらひすい
愛媛県
大正時代/1914年
リトグラフ/紙
105.6×76.4㎝
1枚
愛媛県松山市堀之内
愛媛県美術館

近代日本におけるモダンデザインの先駆者として高く評価される杉浦非水(愛媛県松山市出身)は、もともと四条派の日本画を学んでいたが、欧州帰りの黒田清輝から見せられたアール・ヌーヴォー資料に感化され、図案家の道を歩み始めた。とりわけ、明治41年(1908)から昭和9年(1934)まで勤務した三越で手掛けた一連のデザインの仕事は最もよく知られ、本作品はその代表作の一つ。和洋混交のモダンで洗練された非水のデザイン感覚は、新時代の都市文化の中心的存在を担い、自ら流行を創出しようとした三越の企業イメージに見事に合致し、図案家としての自身の名を広く世に知らしめた。一人のデザイナーが一企業のブランドイメージを決定したと言える、おそらく近代日本で初めての、かつ最も成功したケースであろう。
愛媛県美術館は、非水を郷土の最重要作家と位置づけ、作品・関連資料等7,000点を超えるコレクションを収蔵している。

作品所在地の地図

関連リンク

三越呉服店 春の新柄陳列会チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木と降る光
木と降る光

柳瀬正夢

製茶風俗図屏風
製茶風俗図屏風

松本山雪

波

ギュスターヴ・クールベ

ブレスト、停泊地
ブレスト、停泊地

ウジェーヌ=ルイ・ブーダン

恋人達 または、2つのトルソの親密性
ページトップへ