非水百花譜 ひすいひゃっかふ

その他の画像全6枚中6枚表示

木版画 / 昭和以降 

杉浦非水 (明治9年(1876)-昭和40年(1965))
すぎうら ひすい
1929-34年
木版/紙
(各)47.0cm×32.0cm

杉浦非水が原画を担当し、当時の一流の版画家が多色摺木版画として仕立てた図案集。それぞれの図にはさらに鼠色一色摺の「投影写生図」と、非水自身が撮影した実物の写真図版と植物学的解説が付属した3点1組からなる。なお関東大震災で版木は消失してしまったが、非水の手元に残されていた原画から再び版をおこし、昭和4年から同9年にかけて再版本が刊行された(初版とはモチーフの異動が若干ある)。本図はその再版本である。

作品所在地の地図

関連リンク

非水百花譜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三越呉服店 春の新柄陳列会
杉浦非水図案生活三十年記念聯合展覧会
長崎の港と湾の眺望
光風会 洋画図案展覧会
光風会 第二回絵画展覧会
ページトップへ