柿経 こけらきょう

その他の画像全4枚中4枚表示

 / 鎌倉 / 山形県 

出土地:山形市山寺 立石寺
鎌倉時代・13世紀
木製 墨書
最大 長さ28.3 幅2.1
15枚

「こけら」とは木片の意味。杉、ヒノキ、槙(まき)などの木材を幅1㎝、長さ30㎝くらいの大きさに薄くけずり、その表裏に経文などを書写したもので、平安時代末期から江戸時代に多く作られた。頭部が山型に削られていることが多く、「笹塔婆(ささとうば)」ともよばれている。(20080527_h031)

作品所在地の地図

関連リンク

柿経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

柿経
杮経
経石
国指定史跡鶴岡八幡宮境内出土の木製塔婆類
大毘盧遮那成仏神変加持経 巻第四
ページトップへ