文化遺産オンライン

水辺芦双鷺鏡

みずべあしそうろきょう

作品概要

水辺芦双鷺鏡

みずべあしそうろきょう

金工 / 平安 / 山形県

出土地:山形県鶴岡市羽黒山御手洗池出土

平安時代・12世紀

1面

わが国の鏡は、平安時代後期よりモチーフを旋回的に配置するものがみられるようになった。平安時代の作品は、鏡胎(きょうだい)が薄く余白を大きくとって優美な作風を見せ、鎌倉時代の鏡は、より厚みがあって文様を高く鋳出して重厚であり、それぞれの時代の特徴を示している。

水辺芦双鷺鏡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Yamagata / 御手洗 / 羽黒 / 鶴岡

関連作品

チェックした関連作品の検索