文化遺産オンライン

菊枝双鳥鏡

きくえだそうちょうきょう

作品概要

菊枝双鳥鏡

きくえだそうちょうきょう

金工 / 平安 / 山形県

出土地:山形県鶴岡市羽黒山御手洗池出土

平安時代・12世紀

銅鋳造

1面

山形県の羽黒山・出羽三山神社にある御手洗(みたらし)池(通称鏡ケ池)からは、平安時代末期~江戸時代の鏡約600面が発見されており、「羽黒鏡(はぐろきょう)」とよばれる。とくに日本的な鳥や植物を、薄づくりの鏡に優美に表現した、平安時代後期の鏡が多くあって注目される。(20110426 h14和鏡)

菊枝双鳥鏡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Yamagata / 御手洗 / 羽黒 / Tsuruoka

関連作品

チェックした関連作品の検索