「うかうかと人に生まれて秋の暮」 「半分は人の油か稲の露」 「うかうかとひとにうまれてあきのくれ」 「はんぶんはひとのあぶらかいねのつゆ」

小林一茶
こばやしいっさ
不明 文政5年
<形態>軸装
本紙(縦460×横300) 外装(縦1023×横405)
<図録>27
<真贋>真蹟
<所収文献>発句索引になし「文政句帖」「真蹟中七」
<レプリカ有無>○
<寄贈>久保田ひろ志

作品所在地の地図

関連リンク

「うかうかと人に生まれて秋の暮」 「半分は人の油か稲の露」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

「一ト時雨臼井の餅で晴らしけり」他6句
「雀子や人が立ても口を明く」
「名月やわけて男松の勇ミ声」(稲長、皐鳥の句も)
「春の日や暮ても見ゆる東山」
付木(裏面)「一とせを無きずに仕迴ふ暦哉」
ページトップへ