氷川丸 ひかわまる

その他 / 昭和以降 / 関東 

神奈川県
昭和時代/1930
貨客船 鉄製
全長  163.3メートル 
幅    20.1メートル
総トン数  11,622トン
1艘
神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先
附 神奈川県横浜市中区海岸通3-9
重文指定年月日:20160817
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

氷川丸は、昭和5年(1930)に横浜船渠株式会社にて竣工した貨客船で、主として戦前、戦後期はシアトル定期航路に就航し、戦中期は海軍特設病院船、終戦直後は復員船、引揚船等として使用された。昭和35年、現役を引退し、宿泊・観光に供するための改装工事が施され、保存船として今日に至る。
 氷川丸は、デッキを9層積み上げた構造をもつ外洋航路用の貨客船である。激しい風浪に対する耐久性を得るために次のような安全性の高い設計がなされた。鋼板の建造はリベット工法で、外板には18・3ミリメートル以上と通常より厚い鉄鋼板が用いられる。船底は二重、A、B、Cデッキの三層は全面鋼板にて床が形成される。船首部にはパンチングストリンガーと呼ばれる水平補強材が我が国で初めて採用された。万一の浸水に備えてスライド式水密扉を設置するなどして平面上で10の水密区画を形成し、SOLAS(The International Convention for the Safety of Life at Sea)を批准した船舶安全法(昭和8年施行)を先取りした安全対策を講じる。防火設備では、先進的な煙管式火災探知装置および同管を利用した二酸化炭素消火設備が設置された。
 建造当初の客室定員は、1等35室75名、2等23室69名、3等25室138名の合計282名であった。貨物搭載量は10,274トンを確保し、船倉への貨物搬入のためにハッチを6か所設置する。特に重要輸出品であった絹製品を安全に輸送するために、C、D デッキの三か所に防水区画を形成し内装に木板を貼ったシルクルーム(専用倉庫)を設置した。また、船体中央部に32.69メートル高の機関室を設置し、大型、高出力のデンマークの「B&W(バーマイスター&ウェイン)」社製複動型4サイクル8気筒ディーゼルエンジ…

作品所在地の地図

関連リンク

氷川丸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日本丸
船体断面模型
徳島藩御召鯨船千山丸
旧横浜船渠株式会社第二号船渠(ドック)
旧横浜船渠株式会社第一号船渠(ドック)
ページトップへ