徳島藩御召鯨船千山丸 とくしまはんおめしくじらせんちやままる

その他の画像全2枚中2枚表示

歴史資料 / 江戸 / 中国・四国 

徳島県
江戸/1857
1艘
徳島市立徳島城博物館 徳島県徳島市城内1-8
重文指定年月日:19960627
国宝指定年月日:
登録年月日:
徳島市
国宝・重要文化財(美術品)

江戸時代において、船舶の利用の多い諸藩では藩船を所持していたが、特に九州や瀬戸内地域の諸藩は多くの船舶を所有し、航行、造船、修理等のため船方(海上方、船手)の組織をもつていた。徳島藩は藩政時代に森氏一族が船舶と航行を統括していた。森氏は戦国時代以来水軍を掌握しており、その一族は藩内で中老として勢力を有し、海上方として参勤交代の際の海上輸送等の業務を取り仕切った。海上方の根拠地は、徳島城下安宅、椿泊(現阿南市)、淡路洲本、淡路岩屋の四か所にあったが、最も規模が大きかったのは安宅である。ここには主要船舶の格納施設(船倉)があり、船の建造・修理等を行う軍港として安宅御役所が置かれ、船舶に関する業務の一切を支配していた。
 千山丸は唯一現存する旧徳島藩船で、鯨船という船型の小型船である。日覆いの部材が残り、帆穴や舵穴もあり、帆走もできるようになっている。櫓は二本残っており、建造当時は六挺立てであったとみられるが、現状では四挺立てである。船体中央部には当初はなかったとみられる生簀状の設備があり、その他の現在では不明の仕口穴等もある。船首の水押両側に龍の浮彫装飾があり、水押先端には唐草模様に猪目のある装飾金物の甲金が冠せられる。両舷側(上棚)に左右対称の軍配団扇、羽団扇など団扇の彩色図が片身代わりの金箔地と群青色地の上に描かれている。また波よけ用の差板が両舷側にあり、沙綾型模様が施されている。船尾の戸立は、御召船であることを示す朱色が塗られ「安政四年巳九月 御船」の文字を刻む。
 鯨船はその名のとおり本来捕鯨用の船であり、九州から中国、四国、紀伊半島、…

作品所在地の地図

関連リンク

徳島藩御召鯨船千山丸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北勢・熊野の鯨船行事
徳島藩松帆台場跡
洲本城跡
船大工樗木家関係資料
埴輪 船
ページトップへ