白帆注進外国船出入注進 しらほちゅうしんがいこくせんでいりちゅうしん

その他の画像全12枚中12枚表示

歴史資料  文書・書籍  絵図・地図 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代
 
竪24.3cm 横16.7cm
1
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

「白帆注進外国船出入注進」は、江戸時代を通して長崎警備を担当した佐賀藩が作成した資料で、乾、坤、無題の三冊からなる。天保15年(1844)から慶応4年(1868)まで長崎港に入港した艦船などについての記録で、合計208隻以上もの船の絵が描かれている。平成22年、同資料中に描かれた船の一つが伊予大洲藩が所有し、坂本龍馬にゆかりのある「いろは丸」であることが確認された。手がかりとなったのは「四国船」との記述や大洲藩主加藤家の家紋「赤地に白の蛇の目の紋」の船印などである。いろは丸はイギリス製のスクリュー式蒸気船で、慶応3年(1867)、坂本龍馬率いる海援隊が借り受け、長崎から大坂に向けて瀬戸内海を航行中、紀州藩の蒸気船「明光丸」と衝突し沈没したことで有名である。これまでいろは丸が描かれた同時代の資料は皆無であり、唯一の絵画資料といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

白帆注進外国船出入注進チェックした作品をもとに関連する作品を探す

斉正公蘭船ゲデー号訪問図
御目通并公用諸控
御目通并公用諸控

鍋島茂真(安房)

長崎港鳥瞰図
正保四年長崎警備の図
船関係資料
ページトップへ