自駿河台水道橋眺望(小形江戸名勝図シリーズ) するがだいすいどうばしちょうぼう こがたえどめいしょうずしりーず

銅版画 / 江戸 / 日本 

亜欧堂田善
でんぜん
不詳/不詳
銅版筆彩
10.8×15.8
1枚

現在の東京・駿河台方面から西に水道橋駅付近を望む図です。画面中央を流れるのは神田川で、その左岸、遠方に大きな広場が見えるあたりに水戸藩の屋敷(現在の東京ドームの周辺)があります。本図では神田川に架かる箱状の橋は、かつて神田上水が通っていた「懸樋」です。この一帯が水道橋という地名で呼ばれるようになった所以です。右岸側の険しい崖は、今日でも同様の地形が残っていますが、そこに鬱蒼と生い茂る木立ちが量感豊かに描かれています。人物ばかりでなく樹木の群像表現にも亜欧堂田善は非凡な力を示しています。
亜欧堂田善(またはその門人)が手がけた多くの銅版画の中で、もっとも人気を博したシリーズが、これらの小形江戸名所図です。北斎などの浮世絵風景版画の構図や上方の小型銅版画の流行に影響を与えた点でも重要な作品群です。田善の基準作『青蔭集』挿図にも通じる写実性と抽象化が同居する、緩急のメリハリの利いた表現が見られる点も大きな特徴です。現在25種類の図柄が確認されていて、そのうち神戸市立博物館は19種を所蔵しています。

【名品2019】【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

自駿河台水道橋眺望(小形江戸名勝図シリーズ)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

自斜橋聖堂眺望之図(小形江戸名勝図シリーズ)
品川月夜図(小形江戸名勝図シリーズ)
三ツ俣真景(小形江戸名勝図シリーズ)
霊岸島湊之図(小形江戸名勝図シリーズ)
自上野望山下(小形江戸名勝図シリーズ)
ページトップへ