愛宕山眺望之図(小形江戸名勝図シリーズ) あたごやまちょうぼうのず こがたえどめいしょうずしりーず

銅版画 / 江戸 

亜欧堂田善 (1748-1822)
あおうどうでんぜん
江戸時代/19世紀初期
銅版筆彩
11.8×17.4
1枚
落款「亞歐堂」

来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:

亜欧堂田善(またはその門人)が手がけた多くの銅版画の中で、もっとも人気を博したシリーズが、これらの小形江戸名所図です。北斎などの浮世絵風景版画の構図や上方の小型銅版画の流行に影響を与えた点でも重要な作品群です。田善の基準作『青蔭集』挿図にも通じる写実性と抽象化が同居する、緩急のメリハリの利いた表現が特徴です。現在25種類の図柄が確認されていて、そのうち神戸市立博物館は19種を所蔵しています。

現在の東京都港区に愛宕山という小高い山があります。今は樹木が鬱蒼と茂っていて、東京の街を一望できませんが、200年前はここが、神戸の諏訪山公園のような場所でした。本来は2枚一組で愛宕山から見下ろす江戸の街並みをパノラマ風に描く作品で、本図はその右半分の風景となります。画面左には江戸湾と高輪から芝にかけての街並みがわずかに垣間見えますが、画面上部に記された説明書きから、田善はここから見下ろせる建物のひとつひとつまで細かく観察していたことがわかります。
 

【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

愛宕山眺望之図(小形江戸名勝図シリーズ)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉原大門図(小形江戸名勝図シリーズ)
今戸瓦焼之図(小形江戸名勝図シリーズ)
桜田馬場射御之図(小形江戸名勝図シリーズ)
自道灌山望鴻台之図(小形江戸名勝図シリーズ)
真洲先稲荷隅田川眺望(小形江戸名勝図シリーズ)
ページトップへ