菩薩頭部 ぼさつとうぶ

彫刻 / その他アジア 

制作地:インド・マトゥラー
クシャーン朝・3世紀
砂岩
高28.0
1個

マトゥラーは、パキスタンのガンダーラと並んでクシャーン朝に仏像が作られるようになった地です。生動感あふれる造形に特徴ですが、本像は頭上のターバン飾りの表現などがやや形式化しており、クシャーン朝の盛期を過ぎた頃の制作と思われます。(20130102_t032)

作品所在地の地図

関連リンク

菩薩頭部チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菩薩頭部
葡萄収獲
神像頭部
クベーラあるいはパーンチカ頭部
仏伝「初転法輪」
ページトップへ