直視式のぞき眼鏡・祇園祭山鉾図 ちょくししきのぞきめがね・ぎおんまつりやまほこず

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画 / 江戸 

伝山口素絢筆 (1759-1818)
やまぐちそけん
江戸時代/18世紀後期
木、ガラス
高32.2 縦横22.5×22.8 レンズ径2.5
1基3面7図組のうち1基1図
直視式眼鏡 内部に祇園祭山鉾図(紙本著色 14.6×22.0)を貼付 底に「天明八戊申ノ但馬国香住村/岡本蔵」、箱に「素絢山口氏製 ■蘭陀眼鏡絵 七面 香住村 岡本」の墨書あり 13章-別018〜020の眼鏡絵付属

来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:



【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

直視式のぞき眼鏡・祇園祭山鉾図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

江の島・祇園社前
江の島・祇園社前

伝山口素絢筆

四条河原夕涼・円山座敷
八坂・五条橋下より芝居小屋を望む
直視式のぞき眼鏡
直視式のぞき眼鏡
ページトップへ