文化遺産オンライン

春日大社楼門

作品概要

春日大社楼門

写真 / 明治

横山松三郎撮影

明治5年(1872)

鶏卵紙、台紙付写真

21.7×27.9(27.7×36.7)

1枚

銘文:表:楼門、奈良春日神社楼門(墨)、奈良春日神社(貼紙)/裏:五枚之内(墨)、39(朱)、学芸<2733>(鉛筆)2634(朱鉛筆)

重要文化財

明治5年(1872)に政府が実施した西日本の寺院、神社を中心とした文化財調査において写真師横山松三郎が撮影した一連の写真。明治維新後の文化財建造物や宝物の状況を示す記録として重要な資料である。

春日大社楼門をもっと見る

横山松三郎撮影をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 写真 / 鉛筆

関連作品

チェックした関連作品の検索