Grafting Method

Details

Grafting Method

History / Meiji

Meiji perid, 19th century

Ink on paper

25.8×17.4

1冊

 様々な接木の方法を図入りで示した書である。字体から、房種本人の編纂であろう。推敲を重ねており、挟み込まれている資料も多い。房種は慶応元年(1865)に「御薬園御取建」を公儀へ建策する願書を作成しており、早くから植物に関心があったと考えられる。

Search by Grafting Method

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ History / 書跡 / 典籍

Related Works

Search items related to work chosen