顔延之「五君詠五首 向常侍」 がんえんし

 / 江戸 / 日本 

巻菱湖 (1777〜1843)
まきりょうこ
江戸時代後期

巻菱湖の行草書の書。中国、南北朝時代の文学者の顔延之の五君詠五首 向常侍の一節を書いたもの。

『深心託毫素』

関連リンク

顔延之「五君詠五首 向常侍」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

巻菱湖 行草書
巻菱湖合作「自詠詩/天民墨竹」
巻菱湖 自詠詩
巻菱湖自詠詩/寄三原妙正寺
巻菱湖自詠詩/秋柳
ページトップへ