猿形土製品 さるがたどせいひん

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 縄文 / 埼玉県 

出土地:埼玉県さいたま市 真福寺貝塚出土
縄文時代(晩期)・前1000~前400年
土製
高4.2 長8.6
1個

鼻の下が長く面長の顔、お尻のこぶなど、サルの特徴がよく表現されています。短い尾は寒い地域に暮らすニホンザルの特徴をよく表しています。縄文人にとって人とよく似たサルは身近な存在であり、また畏れ敬う存在でもあったのです。

作品所在地の地図

関連リンク

猿形土製品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

みみずく土偶
土面
遮光器土偶残欠
三角柱状土製品
三角柱状土製品
ページトップへ