文化遺産オンライン

秋草虫蒔絵櫛

あきくさむしまきえくし

作品概要

秋草虫蒔絵櫛

あきくさむしまきえくし

漆工 / 江戸

原羊遊斎作、酒井抱一下絵

江戸時代・19世紀

1枚

銘文:「抱一筆」「羊遊斎」

原羊遊斎(はらようゆうさい)は江戸時代後期を代表する蒔絵師で、当時その名は現在のブランドネームのごとく世に知れ渡っていた。櫛笄などの小間物(こまもの)にもその銘を入れた作品が多数みられ、季節の草花などを軽妙洒脱に描いたものが多い。その下絵には、有名な酒井抱一の筆になるものもある。

秋草虫蒔絵櫛をもっと見る

原羊遊斎作、酒井抱一下絵をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

遊斎 / / Yoyusai / Hara

関連作品

チェックした関連作品の検索