把手付深鉢 とってつきふかばち

考古資料  土器・土製品類 / 縄文 / 日本 

縄文時代中期
縄文土器 火焔形
口径36.0cm 最大径36.0cm 高39.5cm
1点
 

口縁部の4カ所に鶏冠様の把手が配され、その間に鋸歯状の突起がつけられた深鉢である。これらの装飾が炎を思わせるところから、この形態の深鉢は「火焔形土器」と呼ばれている。新潟県信濃川流域に分布する特徴的土器であるが、類似例が北関東・東北地方の一部に分布している。縄文時代中期を代表する土器といえよう。

作品所在地の地図

関連リンク

把手付深鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新潟県小千谷市 俣沢(またさわ)遺跡出土土器
深鉢形土器
広口壷
土偶付深鉢
注口土器
ページトップへ