文化遺産オンライン

會田家住宅旧蔵

あいだけじゅうたくきゅうくら

概要

會田家住宅旧蔵

あいだけじゅうたくきゅうくら

住居建築 / 昭和以降 / 関東

東京都

昭和前/1928

木造2階建、瓦葺、建築面積79㎡

1棟

東京都葛飾区鎌倉三丁目36

登録年月日:20181102

登録有形文化財(建造物)

新中川と江戸川に挟まれたかつての農村地帯にあり、敷地東方に建つ蔵。南北棟の切妻造で、四周に一間幅の下屋を廻し、南面の妻には庇付の窓を設ける。農作業や米の貯蔵に使用され、北面の貯蔵庫は鉄筋コンクリート造で堅牢につくる。農家の生業を支えた蔵。

會田家住宅旧蔵をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 東京 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索