三彩女子 さんさいじょし

陶磁 /  / 中国 

制作地:中国
唐時代・8世紀
陶製
高37.3
1躯

 小壺を手にしてやや胸を反らして立つ女性の姿を象(かたど)っています。作行きから唐時代中期と位置づけられますが、二つの山形に髻(もとどり)を結いあげるのは初唐に流行した髪形であり、古様の姿をあらわしたものと考えられます。唐時代らしい華やかな装飾が目を引きます。

作品所在地の地図

関連リンク

三彩女子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三彩女子
三彩馬
三彩袋形水注
加彩女子
三彩馬
ページトップへ