国道三四号鎮西橋 こくどう34ごうちんぜいばし

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 昭和以降 / 九州 

長崎県
昭和前/1934
鉄筋コンクリート造単アーチ橋、橋長13m、幅員40m、親柱及び高欄付
1基
長崎県長崎市新大工町~馬町
登録年月日:20180510
国(国土交通省)
登録有形文化財(建造物)

諏訪神社参道前の西山川にかかる国道34号の鉄筋コンクリート橋。半円形アーチ橋で、外観は石張で伝統形式の石橋風に仕上げる。親柱は石燈篭風、高欄は伝統的な木橋を模した意匠で、参道前景観への配慮が窺える。意匠設計は武田五一によると伝わる。

作品所在地の地図

関連リンク

国道三四号鎮西橋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

国道三四号中之橋
国道三四号一之橋
名島橋
国道一号箱根湯本道路施設 千歳橋
国道一号箱根湯本道路施設 旭橋
ページトップへ